2005年04月16日

 軽い喧噪。
 それは僕には届かない。
 なぜなら、僕には殻があるから。
 自分であるための、固い殻が。
 この世界の怖いものすべてを遮断してくれる。
 誰にもやぶれない、最高の殻。
 だから、僕は傷つかない。
 何も、傷付けない。
 痛みだって、悲しみだって感じなくていい。
 昨日も、今日も、明日も。
 何も心を動かすことはない。
 だけどーーだから?
 僕の殻は、空だった。
【関連する記事】
posted by 言人 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2983470
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。